学習漫画は事前読みで活きる!

学習漫画を使って、子どもの「好奇心」と「自立力」を育てます。そんな学習法を紹介するブログです。

まんがで学ぶ「はやく走る」秘訣|学習漫画は事前読みで活きる!

はやく走るために

f:id:ta295959:20191021082452j:plain

~体育の先生も知らないかもしれない~

わたしが子どものころ、学校で習ったのは、

「はやく走るためには、ももを高く上げる」

ということでした。

でも、実はこの考え方は、今では誤りとされています。

 

現時点で科学的に分析された走り方とその練習方法があるのです。

がむしゃらに走り込む前に、はやく走るための走り方を学習漫画で学んでおきましょう。

 

「はやく走る」がわかる学習漫画

世界一受けたい授業などで好評を博した「深代メソッド」のまんが。

監修された深代先生は、東京大学大学院の博士。スポーツ動作の力学解析を研究されている方です。

練習内容は、オリンピック選手のようなトップアスリートも活用している科学的が練習方法がもとになっています。

 

どうすれば、はやく走れるの?

➡答えは、「コツをつかんで練習する」こと

コツをつかんで練習すれば、ただひたすら練習するよりも、もっと簡単に短い時間でできるようになるはずです。

 

まんがでは、こんなやりとりから始まります。

運動会に向けて、堤防で走る練習をしている子どもたち。

「いまから練習しても、すぐ足が速くなるわけないよ~」

「そんなこと言ってたら、運動会に間に合わないよ。早く走るためにはまず練習だろ!」

「もう無理~」

そんなところに深代先生が通りがかり、子どもたちにバイオメカニクスという研究から開発したドリル(練習方法)を教えます。

そしたら、たった一日で足がはやくなった!?

 

また、運動会には欠かせない、トラックのカーブの走り方やスタートダッシュの練習方法も学べます。

 

ほかには、さかあがり、なわとびの二重とび、とびばこについてのポイントとドリルが載っています。

最後の章では、サッカーに野球、テニス、卓球、陸上競技などいろんなスポーツに応用できるドリルが紹介されています。

 

おそらくみんな知らないでしょう。でももしかすると、知ってる人はすでに実践して得をしているのかもしれない。

この本があれば秘密特訓ができますね。(秘密にすることもないですが)

 

子どものころに読んでおきたかった・・・

さっそく息子に読んでもらおうっと。

 

こちらもおすすめ

ドラえもんの好きな方、とくに小学校低学年におすすめ。

オリンピックの歴史から始まりストーリーも楽しい体育マンガです。

走ったりジャンプする基本を身につけたい方向け。

 

かけっこではスタートのかまえ、スタートダッシュ、全力疾走、フィニッシュについてイラスト解説。リレーではバトンの受け渡し、持久走では心得を学べます。

ほかに、ハードルや走り幅跳び走り高跳びも。

 

こちらの本で基本を覚えたら、ぜひ最初に紹介した本を読むことをおすすめします。

 

以上、「はやく走る」を学べる学習漫画を紹介しました。

はやく走れるようになったお子さんの活躍を期待しています!