学習漫画は事前読みで活きる!

学習漫画を使って、子どもの「好奇心」と「自立力」を育てます。そんな学習法を紹介するブログです。

まんがで学ぶ「パティシエ」になるには?|学習漫画は事前読みで活きる!

パティシエが小学生女子に大人気のひみつ

f:id:ta295959:20191020113027j:plain

「小学生の将来なりたい職業ランキング2018」(日本FP協会調べ)によると、小学生女子の1位はパティシエールでした。

前回1位の看護師を抜いたのです。

 

なぜそれぼど人気なのか?

・おいしいお菓子が作れて

・自分のお店がもてて

・みんなを笑顔にできて

・海外でも活躍できる

そんなイメージをもつからでしょうね。

 

今回は、そんなパティシエについて学べる学習漫画についてご紹介します。

 

パティシエを学べる学習漫画

新しい職業ガイド。マンガとイラストで解説。

 

元気で素直な小学5年生のケイくん。お菓子で人を喜ばせたいと思い、パティシエを目指します。

友だちから、「男がお菓子作りなんで似合わねーよ」とからかわれます。

でも、おばあちゃんから「パティシエだって男の人はたくさんいる」「ひとつのことにしっかり取り組んでいる人はなにをやってもかっこいい」と言われ、迷いはなくなります。

 

本の内容は本の名のとおり、パティシエになるためのさまざまな情報が載っています。

パティシエは誰でもなれるのか?どこで働くのか?どんな毎日なのか?など気になる疑問に答えてくれます。

 

もちろん、楽しいことばかりではありません

作ったり売ったりする間は立ちっぱなしですし、重いものも持つし動き回るため体力が必要です。

それに、毎日開店準備のために朝が早いです。

そんなきびしさもしっかり学べます。

 

この本の特徴は、「今からできること」について、多くのページをつかって書かれていること。

そしてそれは子どもの成長に大きくつながります。

たとえば、

・皿洗い、かたずけ、掃除など、お母さんのお手伝いをしよう

・スポーツをがんばり、規則正しい生活をして体づくりをしよう

・「ケーキの生地はなぜふくらむの?」など「なぜ?」を考えよう

ほかに、外国の文化を知ろう。外国語を学ぼうなど。

 

親から言われてもやらないことでも、自分の好きなパティシエの本に書いてあるなら自分から実行するかもしれませんね。

 

95ページほどなので本の厚さは少々うすい感じがしますが、パティシエになるための大切なことを学ぶには十分な内容です。

 

将来、パティシエにならなくても何ひとつ無駄にならないパティシエのレッスン。

この本で「好き」を磨いてみませんか?

 

こちらもおすすめ

スイーツに関するさまざまな仕事がわかる

先述の本が「パティシエになるには?」がメインだったのに対して、本書は「スイーツに関するさまざまな仕事がわかる」内容です。

 

スイーツの仕事はパティシエだけではありません。

たとえば、チョコを使ってスイーツを作るショコラティエ

温度管理がとても大変な職業です。

「和菓子職人」は、桃の節句の菱もちや、春・秋の彼岸に食べるおはぎ・ぼたもちなど、日本の季節や行事に深いかかわりがあることが学べます。

 

また、スイーツメーカーには、商品開発者、工場スタッフ、営業、販売員などさまざまな仕事があること。

ほかに、スイーツ作りを教える先生やスイーツプランナ-、食べたり話を聞いたりして記事を書くスイーツライターなど。

 

マンガの部分は少なく、さまざまな職業を紹介している百科事典的な構成となっています。

 

視野を広げて仕事を見ることができるようになりますよ。

 

実際にお菓子を作ってみよう!

めざせパティシエ!おいしいお菓子を作ろう。

マンガ写真で覚えられます。

みんなの人気のお菓子ばかり集めた、全部で132種類!

 

混ぜて焼くだけの簡単なお菓子から、チーズケーキ、ショートケーキなどあこがれのケーキやトリュフなどラブリーなチョコレート。

ほかに、クレープ、ラスク、いちごだいふく、みたらしだんご、フルーツグミ、プリン、シェイク・・・などなど。

見ているだけでよだれが出ます。

 

ストーリーは、小学5年生の七瀬モモカが主人公。

「お菓子を作って食べらるなんて幸せすぎる~」

あこがれのお菓子クラブに入部するところから始まります。

 

本書は、はじめて挑戦する人でも作りやすいように工夫されています。

レベルは「かんたん!」「ふつう!」「がんばれ!」の3段階表示あり。

作業にかかるだいたいの時間や作り始める前に準備するものがていねいに書かれています。

そして、「パティシエのこつ」には、おいしくつくるために大事なことが載っています。

 

料理は子どもの知能を高めるのに優れています。

たとえば、計量ではml、cc、dLなどの量について知らなければなりません。

電子レンジの600W(ワット)ってなに?

オーブンの使い方、包丁などの器具の使い方なども。

そして、材料の特徴(小麦粉でもいろんな種類があるのね)

さらに、早く上手に作るために作業順序も大切です。

 

脳をフル活用して、かわいくデコッた世界に一つだけのお菓子を作ろう!

 

おすすめのお出かけ場所

f:id:ta295959:20191020114346j:plain

ベビースター工場一体型体験おやつタウン三重県津市)

https://oyatsu.town/

ベビースターラーメンを作る体験ができます。

子どもから大人まで体を動かして楽しめる広場も充実!

 

お菓子の城(愛知県犬山市

https://okashino-shiro.jp/

クッキーやドーナツなどの手作り体験。

スイーツバイキングも楽しみ!

 

 

以上、「パティシエ」の関しての本を紹介しました。

友だちや家族を幸せにするお菓子が作れるといいですね!