学習漫画は事前読みで活きる!

学習漫画を使って、子どもの「好奇心」と「自立力」を育てます。そんな学習法を紹介するブログです。

まんがで学ぶ「剣道・柔道」|学習漫画は事前読みで活きる!

はじめるなら武道がおすすめ

f:id:ta295959:20191018062814j:plain

「部活動は何に入ろうかな」

そう考えてるなら武道をおすすめします。

剣道柔道のほか、空手少林寺など。女子なら合気道もいいですね。

理由は2つ。

忍耐力をつけるため

②「礼に始まり礼に終わる」といった、日本のよき作法を学ぶため

 

もちろん武道に限らず、厳しい練習が行われる野球・サッカー・陸上・水泳・バスケットボールなどでもOKです。

 

もし、お子さんがこのような部活動に入部されているなら、ぜひ卒業まで続けられるように応援してあげてください。

そして、中途半端なことは許さない「厳しさ」も伝えてほしいです。

 

この、歯を食いしばって耐え抜いた経験は、やる気が勉強に向いたときに驚くほどの忍耐力と集中力を発揮します。

 

剣道が学べる学習漫画

道場で習う稽古のすべてがわかる!

マンガを読むことで剣道の基本と技術が身につきます。

立礼・座礼などの基本作法や打突、仕かけ技、応じ技など。

応じ技とは、相手の打突を返して打突する技のこと。

たびたび全国制覇を成し遂げている「東松館道場」3代目館長が監修されています。

 

この本の構成は大きく分けて「マンガストーリー」と「実技解説ページ」からなっています。

「マンガストーリー」では、主人公のダイチが打倒ライバルを目標に、一から剣道を学んでいきます。登場人物の動きやセリフに注目です。

「実技解説ページ」では、剣道の基本的な動きや技などを、たくさんのイラストで紹介。

「ポイント」の欄には、上達するために気をつけることなどが書かれています。

 

小学5年生のダイチは、同学年ソラの剣道をみて憧れをいだき、剣道部に入部します。

「大会までに必ずソラに勝ってやる!」

ダイチの同級生ナナミや師範に教えられながら猛特訓の日々がはじまります。

かなり上達したダイチだったが、大会前の練習でソラに打ちのめされて・・・

 

わたしが感動したシーンは、

「こんなに練習したのに・・・」

ソラに惨敗したダイチが剣道をやめようとしたときに、先生に連れられてソラの家に訪れます。

そこでダイチがみたものとは。

 

庭で苦しそうな表情で、それでも竹刀を振り続けるソラの姿でした。

「オレはなにしてるんだ。ソラがあんなに努力しているのに。オレはちょっとうまくいかないくらいで逃げ出すなんて!」

 

心を入れ替えて、打倒ソラに向かって再チャレンジする場面はちょっと感動的です。

 

間合い、打突後の残心、気剣体の一致、応じ技の技術などについても学べます。

 

さらに気持ちを高めてくれる本ならコレ

ストーリーで楽しめる学習漫画

江戸時代初期の剣豪。

二刀を用いた剣術である二天一流(にてんいちりゅう)の祖。

佐々木小次郎との試合をはじめ、生涯60回あまりの勝負に一度も負けたことがないと伝えられています。

 

関ケ原合戦に参加、大阪夏の陣・冬の陣に出陣、そして島原の乱にも出陣したそうです。

ご存じでしたか?

 

わたしの地元名古屋にも4年間ほど住み、弟子は3,000人。二刀流を教えたといわれています。

伝説の剣豪の生きざまに胸を熱くするのではないでしょうか?

 

柔道についての学習漫画

柔道とオリンピックで国際平和を目指した人物

わたしは子どものころ、アニメ「YAWARA!」にはまっていました。

「柔よく剛を制す」➡相手の力を利用して勝つ

その思想に憧れました。

柔道の天才猪熊柔と、柔の指導者でもあるおじいちゃんの猪熊治五郎。

この「治五郎」さんは実在していたんですね!

この本を手に取るまで知りませんでした(お恥ずかしい・・・)

 

時は明治初期。勉強はできたが体が小さいため、よくいじめられていた少年時代。

「強くなるために柔術の修行をしたい!」

入門した道場では、「習うより慣れろ!」と師範の指導の下、何百回も投げられて体で覚えていきます。

 

しかし、ただやみくもに投げられていたのではありません。

投げられながら考え、そしてさまざまな柔術の書物を読み研究して進化していったのです。

つまり、「頭がよくなくては進化していかない」のです。

 

こうした練習を続けるうちに、短気だった性格も一変したことに気づきます。

そして治五郎は思います。

柔術はただ強くなるためのものではないのかもしれない。人間の成長に役立つ何かが柔術にはあるのかも。」

そこで柔術を人の道として学ぶ修行の場とするために、柔術を柔道に変化させます。

そして柔道を世界に広めていく、そんな物語です。

 

柔道は東京オリンピックから正式種目になりました。

そして今や、バスケットボールやサッカーに続き、世界第3位の競技人口までになっています。

 

以上、剣道と柔道を学べる学習漫画について紹介しました。

「礼に始まり礼に終わる」

そんな文化が、ますます世界に浸透していくことを願ってやみません。