学習漫画は事前読みで活きる!

学習漫画を使って、子どもの「好奇心」と「自立力」を育てます。そんな学習法を紹介するブログです。

「将棋」について漫画で学ぶ|学習漫画は事前読みで活きる!

将棋との出会い

f:id:ta295959:20191011141436j:plain

あなたは将棋をさしたことはありますか?

将棋とは、いろいろな駒を使って、相手の「王」を詰めていくゲームです。

 

わたしは小学生のころ兄に教わってから、クラスの友達や親せきのおじさんなど年代を超えて勝負しました。

中でも印象に残っているのは、わたしが一度も勝てなかったクラスメイトのM君。

頭がよくて、中学受験ではみごと名門の鹿児島ラ・サールに合格しました。

「やっぱり頭のいい子は将棋も強いんだな・・・」

 

将棋の魅力

f:id:ta295959:20191011142027j:plain

将棋が魅力的だと思うのは、勝ち負けがはっきりつくこと。

特に今の時代は「順位をつけると子どものためにならない」という考え方もあります。

なかには、徒競走でゴール前で手をつないでみんなでゴールをする幼稚園もあるそうです。

どちらがよいかは置いといて、将棋の魅力に関しては

「勝ち負けがはっきりつくこと」

 

自分で考えて、決断して、その結果、勝っても負けても自分のせい。

いわば「自己責任能力」を鍛えることができます。

また「自分で考える」ことが、これからの人生にとって重要になります。

だから、若い人たちも夢中になるんでしょうね。

 

将棋に関する学習漫画

永世七冠。将棋の歴史をぬりかえた男

長い将棋の歴史のなか、初めて七大タイトルを同時に制覇し、ついには永世七冠に輝いたひとです。

七大タイトルとは、名人・竜王・王位・王座・棋王・王将・棋聖の7つの称号のこと

(2017年、叡王が加わり8つになりました)

永世七冠とは、七大タイトルのそれぞれについて厳しい条件をを満たすと与えられる称号。

たとえば、永世名人になるには通算5期のタイトルを保持することが必要です。

 

羽生少年も最初は普通の子どもでしたが、どんどん将棋のおもしろさにはまっていきます。

たとえば自作の詰将棋を作るなど、多くの時間を将棋に使います。

 

そして、ついに前人未到のタイトルの制覇。

これほどまでに強くなった理由は、師匠や多くのライバルに恵まれたことが大きいです。

 

勝負の世界を勝ち抜いて「天才」と呼ばれるまでの道のりを学習漫画を読んで学んでみませんか?

 

将棋に強くなるための学習漫画はこちら

マンガを読んで強くなるための学習漫画です。

オールカラーで漢字にはすべてフリガナ付き

駒の動かし方から学べる入門書です。

 

「簡単すぎるかな」というのが読み始めの私の感想。

ところが、読み進めると強くなるための戦法がどんどん身についていきます。

 

将棋には定跡(じょうせき)、つまり「将棋の正しい指し方や手順」がいくつもあります。

たとえば攻め方や守り方について、この定跡がわかっていないと簡単に陣形を崩されて負けてしまいます。

わたしが子どものころ弱かった原因は、この ¨定跡を知らなかったこと¨ だと、この本を読んで気がつきました。

詰将棋ばかりやっていても、だめなんですね。

 

解説ページには、「強くなるコツ」「知りたい」の欄があります。

「強くなるコツ」には、もっと将棋に強くなるための、ちょっとしたワザや考え方が紹介されています。

ここには、たいへん有用なアドバイスが書かれています。

「知りたい」には、将棋の知識やヒミツが紹介されていて、読めば読むほど将棋がおもしろくなります。

「マンガページ」では、将棋を始めたばかりの少年リョーマがどんどん強くなっていく物語。

読んでいくと「かっこいいな・・・」と感じると思いますよ。

 

さらに、「よく使う将棋用語」もちゃんと解説されているので、初心者でも安心です。

 

さあ実践!マイ将棋盤を持つならコレ

人気の将棋セット 新桂5号折将棋盤と天然木製将棋駒【鈴花堂オリジナル駒の動き方カード付】

 将棋盤は高いもので数万円するものもあるなかで、三千円台はお買い得です。

木の特有の「パチン」という音も良く出せます。

 

こちらもおすすめ

「9マス将棋?なにそれ?」

「簡単すぎるんじゃない?」

と思われた方。

あなどるなかれ、実はこのゲーム、初期配置によって入門編から上級編まで難易度が変わるとても奥深いゲームなのです。

プロ棋士すら遊べます。

 

初期配置は40通り。

基本的なルールは将棋と同じ。違うのはマス目の数と使用する駒の数だけです。

 

一人でも二人でも楽しめる青野照市九段考案の9マス将棋。

将棋を覚える目的としてもよいと思います。

 

以上、将棋についての学習漫画とグッズを紹介しました。

 

漫画には「強くなりたい」とか「もっとうかくなりたい」といった ¨感情¨ を育てる「力」があります。

そこが漫画の大きな魅力です。

どうせ漫画を読むなら、そんな心を育ててくれる学習漫画をおすすめします!

 

zizenyomi.hatenablog.com