学習漫画は事前読みで活きる!

学習漫画を使って、子どもの「好奇心」と「自立力」を育てます。そんな学習法を紹介するブログです。

まんがで学ぶ「戦争」|学習漫画は事前読みで活きる!

知ってるようで知らない日本の ”ここ100年の間”

f:id:ta295959:20191031152556j:plain

大正時代は1912年から始まりました。

それから現代まで約100年の間、日本が歩んできた歴史について考えてみます。

 

今から10問の問題を出します。

あなたはいくつ答えられますか?

Q.1 1929年に起きた世界恐慌は、日本へどのような影響を与えたか?

Q.2 2.26事件で、なぜ当時の蔵相だった高橋是清は暗殺されたのか?

Q.3 なぜ日本は戦争を起こしたのか?

Q.4 なぜ日本はミッドウェー海戦で大敗したのか?

Q.5 冷戦とは?各国へどんな影響を与えたのか?

Q.6 東京大学安田講堂事件やあさま山荘事件など、大学紛争はなぜ起きたのか?

Q.7 オイルショックはなぜ起きたのか?

Q.8 バブル崩壊とは?

Q.9 沖縄 普天間から辺野古への基地移転問題とは?

Q.10 アベノミクスとは?

 

難しいですか?

ちなみにわたしは、ほとんど答えられませんでしたが、今回読んだ学習まんがで人に説明できるまでになりました。

 

今回はとくに、戦争を中心に学べる学習漫画についてご紹介します。

 

おすすめの学習漫画

大正から現代日本(平成の終わり)までをクローズアップした学習まんが。

第一次世界大戦から物語は始まります。

このまんがを読めば、最初の問題をすべて答えられるようになります。

 

最初の5ページほどは、当時の写真解説が載っています。

そのあと、まんががはじまり、最後の数ページはQ&A年表が載っています。

 

内容は盛りだくさん!

1巻から3巻まで読めば、多くの「なぜ」の疑問が解消できます。

読めば読むほどためになる学習まんがです。

 

つぎに、おすすめなのがこちら

まず、この本は「原爆投下によって破壊された惨劇を語るまんが」ではありません。

原爆によって「75年間は草木も生えない」とまでいわれた広島。

しかし、被爆直後から復興が始まった

廃墟から立ち上がった広島の人々の感動物語です。

 

わたしはこの本と出合ったときの素直な感想が、

「こんなまんが、あったのか!」

という、驚きと感動でした。

 

「はじめに」2ページと「解説」3ページ以外は、ほぼまんが。

全255ページ。かなり読みごたえがあります。

 

企画・立案したのは中国放送

被爆と体験を後世にしっかり伝えようと ¨復興¨ をテーマに、貴重なインタビュー証言や地元企業の社史、そのほかさまざまな団体や教育機関の記録から作られました。

それを「まんが」にすることで、子どもたちをはじめ、多くの人に読んでいもらいたいとの思いが込められています。

 

序章は原爆投下

その後、第1章から第10章まで続きます。

水道、電気、ガスはどうしたか?

電車は?商いは?学校は?など

市民球団広島カープ誕生も紹介しています。

もちろん、すべてまんがです。(フリガナ付き)

 

この本を読むと、「戦後の復興こそ人間ドラマがある」・・・

そんな様子がよくわかりますよ。

 

最後に、この本がおすすめ

六千人の命を救った外交官

千畝⇐ちうね、と読みます。

あなたはこの人物がなにをした人か知っていますか?

 

第二次世界大戦中、リトアニアの領事館でビザ(日本への入国許可書)を発行し、多くのユダヤ人を救った人です。

杉原千畝が発行したこのビザは、「命のビザ」と言われています。

 

この本を読むことで

・なぜユダヤ人はナチスに迫害されたのか?

・なぜヒトラードイツ国民に支持されたのか?

・なぜ杉原千畝は、日本政府に逆らってまでビザを発行したのか?

などがよくわかります。

 

学べるお出かけ場所

広島平和記念資料館広島県広島市

http://www.hpmmuseum.jp/

世界の人々に核兵器の恐怖や非人道性を伝えます。

センポ・スギハラ・メモリアル名古屋市瑞穂区

https://www.aichi-now.jp/spots/detail/2840/

f:id:ta295959:20191031152256j:plain

愛知県立瑞陵高校の門の西側屋外に設置されていて、とくに扉もないのでだれでも自由に出入りできます。

 

以上、戦争について学べる学習まんがを紹介しました。